安くて飛ぶと話題の2020年新作ホンマD1ボールが発売開始!

スポンサーリンク
ゴルフボール

こんにちは!サラリーマンゴルファーのTacooです。今日は近年最も売れているボールであるホンマD1ボールの新作が発表されましたので紹介していきたいと思います。

Tacoo
Tacoo

新作D1はさらに飛距離性能がアップ!


スポンサーリンク

ホンマD1は日本で一番売れているボール!

ホンマのD1は近年日本市場で市場売れているボールで、発売開始の2018年から19か月連続で販売数1位になったほど人気のボールです!すごい!

何故そんなに人気なのかというと、3つほど考えられると思います。

1.とにかく安いこと
2.めっちゃ飛ぶこと
3.カラーバリエーション豊富なこと
まず1ですが、これは売れる理由の第一位でしょう。とにかく安いです。1ダース定価で1800ほど。少し安くネットで買えば1000円ちょっとで1ダース新品のボールを買えてしまいます。これはOBして球がもったいないというレベルのアマチュアにも嬉しいところ。
ゴルフボールが安くて嫌な人はいないはずなので、やっぱり価格が安いというのは売れる理由になりますね。
2も同じ理由ですね。アマチュアの大勢の人にとって飛ぶことは正義です。このD1はスピンを徹底的に抑えてとにかく飛び1点に集中したボールとなっていますので、アマチュアが打てば大体の人が飛ぶと口をそろえるボールです。
3はサブ的な理由かもしれませんが、カラーバリエーションがかなり豊富です。普通のボールであれば白と黄色2色くらいなものですが、D1は4色以上そろえています。
使っている人が多いので、カラーバリエーションが少ないと被ることも多々あるでしょう。それを回避するようにカラーを選択することも容易なのでアマチュアにとっては助かります。

高反発ソフトラバーコアでさらなる飛びを実現

(画像はホンマHPより)

前作からの進化点は、「高反発ソフトラバーコア」にあるそうです。コアの部分の反発力を上げることでさらなる初速のアップが望めるようです。

公式HPにいくつ上がったと具体的な記述はありませんが、前作を超えるものが発売されていると信じています。早くラウンドで使ってみたいです。

表面にはディスタンス系の特徴であるアイオノマーを使用

また、表面にはアイオノマーカバーを使用し、スピン量を極力少なくする方向に振っています。アイオノマーカバーは表面が滑るのでスピンがかかりにくくなる特徴があり、ディスタンス系ボールには必ずといっていいほど使用されている素材です。

特にD1はスピンが少ないことで有名です。スライサーの方であればさらにスピンが減ることを実感できるでしょう。

前作D1は軽い打感でぶっ飛んだが新作は?

しばらく前作のD1を使っていたので、そのいい点である飛距離をどれだけ伸ばせているかが今作に期待することです。さらに高初速・低スピンで飛ぶことを期待しています。

打感はかなり軽い感じで、その他のボールに比べると衝撃が少なく「ポーン」と飛んでいくイメージでした。今作でもその打感はそこまで変わらないのではないかと思いますが、果たしてどうか?

あとは唯一にして最大の欠点である、「アイアンが止まらない」ということも同時に解消されていたらいいんですがwこれはおそらくそのままであると思いますw

2020年新作D1ボールは2020年10月1日発売!

2020年10月1日に既にD1ボールは発売され、価格が安いこともあり試してみるにはもってこいのボールです。絶対に飛ぶのは実績からいって間違いありません。スピンについては好みや使う人の腕にもかかわってくるので一度試してみてください。

自分に合っていると感じたら、安いですしエースボールとして使い続け安いと思います。ぜひお試しあれ!


コメント