2021年新作ヤマハRMX VDドライバーの特徴を紹介!永井花奈プロ使用モデル!

スポンサーリンク
ドライバー試打

こんにちは!サラリーマンゴルファーのTacooです。今日は2021年の新作ヤマハドライバーがR&Aリスト登録されましたので紹介したいと思います。

Tacoo
Tacoo

永井花奈プロがヨコハマタイヤレディースで使用!


スポンサーリンク

2021年新作ヤマハRMX VDドライバーの性能を徹底予測

テーラーメイドSIM2ドライバーキャロウェイEPIC SPEEDドライバーなど今年の外ブラの状況もひと段落してきましたが、ヤマハの2021年新作ドライバーがR&Aリスト登録されました!

下の画像がそのドライバーで名前をRMX VDドライバーといいます。ヤマハのツアーモデルであるRMX120RMX 220の後継ドライバーで2021年最新作になります。

現状、R&Aリストに登録してあるのがRMX VDドライバー Version1RMX VDドライバー Version2の2種類です。

RMX VD Version1

RMX VD Version2

RMX VD (Prototype) (Version 2)

Version1と2を比較してみると、ほとんど形状に差がありません。唯一の違いは、可変ウェイトの大きさと色でしょう。

どちらかが重いウェイトでどちらかが軽いウェイトになっているはずです。おそらくまだテスト中でどちらか一つが実販売されると予測できます。

設定ロフト角は9.5°と10.5°の二つです。これはかなり普通ですね。可変ウェイトには「FADE, DRAW in weight channel」と記載がありますが、まあこれは普通のことなので新技術ではないと予想できます。

形状から察するに、ソール部分にある三角形の窪みが新技術のキモになってきそうですね。深い窪みと浅いくぼみがありますが、窪みの大きさでソールやクラウンフェースのたわみを最適化したということでしょうか?

また画像を見る限り、少し小ぶりなドライバーかなぁ?と思います。リストに容量の記載がなかったですが、460ccはなさそう?440ccくらいの可能性も秘めていますね。

操作性に重きを置いたモデルなのか?また情報が入り次第追記したいと思います。

2021年ヨコハマタイヤレディースで永井花奈プロがRMX VDを使用し2位タイ!

先週、2021年のヨコハマタイヤレディースが行われ惜しくもプレーオフで稲見プロに敗れて2位に終わった永井花奈プロがひそかにVDドライバーを使用しておりました!その画像がこちらになります。

永井花奈と稲見萌寧のプレーオフに 2021年 明治安田生命レディス ヨコハマタイヤゴルフトーナメント 4日目 永井花奈

(画像はGDOより)

この黒いドライバーがRMX VDドライバーのプロトタイプだと考えられます。平均飛距離がコロナの関係で計測されていませんが、結構な飛距離を飛ばしていました。おそらく240Yくらいです。

19年度の永井花奈プロの平均飛距離は229Yでしたので、かなりの飛距離UPに成功したと思い割れます。

フェアウェイキープ率は安定してよかったですし、2位と上位フィニッシュできた要因になっているでしょう。

2021年新作ヤマハRMX VDドライバーの発売日は?

前作、RMX120・220ドライバーの発売日は2019年9月6日でした。ちょうどこの時期は日本メーカーのドライバーが目白押しになる時期です。

今作のRMX VDドライバーもこの秋発売だと考えられます。2021年9月中旬発売開始といったところと予測しています。

それでは今日はここまでです!アデュー!


 

コメント