2021年新作タイトリストT100/T100S/T200/U505/T300アイアンの特徴を紹介

スポンサーリンク
最新ギア試打

こんにちは!サラリーマンゴルファーのTacooです。今日はタイトリストTシリーズアイアンから新作が登場したので紹介したいと思います。

Tacoo
Tacoo

様々なレベルのゴルファーに対応したアイアン

スポンサーリンク

インスタ上でタイトリスト2021年新作アイアンがリーク

タイトリストの2021年アイアンが多くのインスタアカウントでリークをされました。下記インスタアカウントでT100T100ST200U505それぞれの画像を見ることが出来ます。

 

2021年タイトリストT100アイアンの特徴と向いている人

タイトリストのアイアンは数字が小さいほどプロ向きという特徴があります。したがって今年のTシリーズアイアンの中で最もプロ向きなアイアンがこのT100アイアンということになります。

プロ向きというだけあって、トップブレードもかなり薄くすっきりとした形です。いかにもコントロールしやすそうな顔をしています。

また、バックフェースもほとんどマッスルよりのハーフキャビティで、マッスルを使っていた人からすると少しだけ重量配分を全体に振って寛容性をUPさせた感じですかね。

うーんカッコいいですね。持っているだけでもその所有欲が満たされそうなカッコいい形をしています。

続いてはPWでしょうか?ウェッジでもかなり薄く設計されていることが分かりますね。

特に樹脂の注入口やタングステンウェイトが装着されているようには見受けられません。純粋な府フォージドでクラシカルなアイアンといえるでしょう。

タイトリストT100Sアイアンの特徴

タイトリストT100Sは、T100アイアンとほぼ同じ形状をしています。ほとんど差がないといってもいいくらいかもしれませんが、少しT100Sのほうが丸みを帯びており、キャビティも深くなっていることから、T100よりも若干寛容性がUPしていると考えられます。

とはいっても、プロ向き・上級者向きであることにはかわりはありませんね。ストレートネックで捕まりはそれほどでもなさそうですし、ヘッドもかなり小ぶりでカッコいいものになっています。

T100とT100Sの違いは見た目からくる好みといってもいいかもしれませんね。

タイトリストT200アイアンの特徴

T200アイアンはT100、T100Sと比べると明らかに寛容性が高くてアマチュアにも扱えそうなモデルになっていると思います。

にしても、結構変わった形をしていると思います。バックフェースにプラスチックのようなものが接着されているのが分かると思います。

キャビティのようには見えませんが、ここにおもりを乗せることによって寛容性をUPさせていると考えられます。

ぱっと見、薄いアイアン型UTに見えるといってもいいでしょう。UTの様に使えるそれなりに誰でも使えるモデルになっていると思われます。

タイトリストUー505アイアンの特徴

U-505は今までのアイアンと違い、完全にアイアン型UTとなります。フェースの長さもかなり大きいものとなり、当てやすくなっています。ソール部分もダフリに強いようにかなり分厚く重量のある形になっています。

ウッドタイプよりも球のコントロールがしやすく、アイアンが好きな方にとっては最高の1本となりそう。ある程度のヘッドスピードがある方向けですかね。ロングアイアンの類となりますので、しっかりと振りきれる方に向いていると思います。

2021年新作タイトリストTシリーズアイアンR&A適合リスト登録

(2021年7月8日追記)今週月曜日にタイトリストTシリーズアイアンがリスト登録されました。それぞれ上で上げている画像のリークと変わりはありませんでした。

さらにT300アイアンがR&Aリストに登録!

さらに今までリークの無かった、T300アイアンもリスト登録されておりました!かなり深いポケットキャビティが特徴で、Tシリーズの中では最も簡単な寛容性のあるアイアンだと考えられます。

フェース真ん中には「Mi」の文字があり、これはマッスルインパクトテクノロジーを今作も搭載しているものだと推測できます。

このテクノロジーは基本的には弾きをよくするためのもので、アイアンでも初速をだして飛ばしたいという方向けのものです。

低重心で高さを出し、弾きを良くして飛ばすというタイトリストらしからぬ、万人が使えるシロモノとなっていそうです。

2021年タイトリストTシリーズアイアンは8月発売開始か?

これらタイトリストのアイアンは、2019年のTシリーズの後継モデルだと考えられます。今の時期にリークされたことを考えると、21年の8月頃発売開始だと考えられます。

また新しい情報が入り次第、お知らせしたいと思います。それでは今日はここまでです。アデュー!

コメント